過去のニュース一覧

過去のニュース一覧

  • 11月11日

    呉紅先生、留日中国人生命科学協会より優秀賞を受賞

    京都大学国際交流ホールにて開催された留日中国人生命科学協会第9回学術交流会(年度総会)にて、日ごろの研究成果を「病原細菌定着因子及び毒素の菌体内輸送システムに関する顕微科学的解析」としてまとめて発表され、優秀賞を受賞されました。 細菌の毒素は分泌機構という細胞壁の装置を介して分泌されることが明らかになっています。しかし、細菌菌体内で産生された毒素がいかにして分泌機構へ輸送されるかは未知でありました。私たちの教室では呉らを中心にしたチームが、細胞外環境の変化がスイッチとなって菌体内の物質が輸送されるシステムを発見し、nano-transportation systemと名付け、そのシステムの特性について研究しています。今回の受賞は、共同研究者である私たちにとっても名誉なことであり、今後もこの研究に協力したいと考えています。

  • 8月6日

    隠岐浩子さん、研究補助員として迎える

    隠岐さんは臨床検査技師として医療機関や検査機関でご活躍でした。この度研究補助員として当教室に入職されました。よろしくお願いいたします。

  • 4月16日

    【訃報】後藤俊幸先生ご逝去

    後藤俊幸先生は京都大学をご卒業後、同大学院農学研究科を修了された後、留学中に乞われて大阪医科大学微生物学教室に入職されました。その後、大阪医科大学講師を経て、京都大学医療短期大学部助教授に任用され、医学部保健学科の設置に努力され、同科設置と同時に京都大学医学部助教授、修士課程設置に貢献され、平成19年4月1日の大学教員制度改革によって京都大学医学部准教授となられました。ご逝去直前まで、HIVに関する形態学的研究と同科の校舎改修工事計画に携わられたと伺っております。誠に無念でなりません。心より哀悼の念を表します。

  • 4月1日

    大井幸昌先生、松下とも代さん、大学院 入学

    大井先生は大阪医科大学卒業後、第1内科で臨床研修を済まされ、膠原病内科を専攻されていましたが、感染症に関する疫学に興味を持っておられたこともあり、乞われて厚生労働省に入省されました。今回,感染症疫学や基礎研究をさらに進めるため、大学院に入学されました。

    松下さんは当教室の研究生でしたが、いっそうの勉学を希望して、大学院に入学されました。 それぞれに、他の職務をもちながら勉学に励まれることになりましたが、4年間頑張っていただきたいと思います。

  • 4月1日

    大学教員新組織への移行

    学校教育法改正の施行により、4月から本学の教員は「教授」、「准教授」、「講師」、「講師(准)」「助教」、「助教(准)」の資格をもつことになりました。詳しくは組織の欄をご覧ください。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 4月1日

    大黒恵理子先生、助教(准)に採用

    大黒先生が大学院を修了され、助教(准)に就任されました。今後ますますの教育研究活動を期待いたします。よろしくお願いいたします。

  • 3月30日

    学位取得 横山功先生、大黒恵理子先生、廣瀬潤先生、岩倉研二先生、弓場一秀先生

    横山先生は院生として勉学に励む傍ら、獣医師としてもご活躍で、食塩水電気分解産物の消毒効果を研究するために必要な標準の確立をテーマとして研究論文を作成されました。

    大黒先生は院生として勉学に励まれる傍らで、教室の研究補助業務を努めていただきました。多形性を示す麻疹ウイルスのうち、大型のウイルス粒子と小型のウイルス粒子にも感染性があることを明らかにされ、研究論文とされました。

    廣瀬先生は、企業人として大学院に入学し、勉学に励まれました。環境負荷の一因となっている医療廃液中の抗癌剤を不活化する方法として、電気分解法を用いることが出来ることを明らかにし、研究論文とされました。

    岩倉先生は第2内科に所属し、助手として教育研究に励まれ、H. pyloriのエンドトキシンが培養胃粘膜細胞に特有の細胞変性効果を増強することを明らかにされ、新たなアッセイ系の可能性を示唆する研究論文とされました。

    弓場先生は、整形外科医として活躍する傍ら研究を続けられ、当教室で得た研究成果を第2病理学教室で発展させ、Dupuytren拘縮由来細胞の樹立に関する論文とされました。

    皆さんそれぞれに幅広く活動しながらの研究で大変だったと思います。本当におめでとうございます。

  • 1月1日

    大畑善嗣さん、研究生として迎える

    大畑さんは大学院生命科学研究科をご卒業後、企業に勤務しながら、当講座において研究活動に当られます。よろしくお願いいたします。

  • 12月1日

    平山隆則先生、人事交流で厚生労働省へ

    平山先生は、大学院生として国立感染症研究所の高崎先生(当教室OB)のもとへ留学中でしたが、その行政的思考力を認められ、乞われて厚生労働省へ移ることになり、人事交流の都合上、大学院を退学し、本学助手の身分を得てのことです。引き続き研究活動にも携わられるとのこと、益々のご活躍をお祈りいたします。

  • 10月7日

    第59回日本細菌学会関西支部総会を主催

    標記の学会を本学の看護専門学校講堂を借りて、主催致しました。関西支部総会が開かれたのは昭和29年、今回の総会長が生まれた年だったそうです。以下に抄録の緒言を記し、報告いたします。

    はじめに
    第59回日本細菌学会関西支部総会
    総会長 佐野浩一
    本年10月7日に日本細菌学会第59回関西支部総会開催のお世話を仰せつかりました。本学でお世話させて頂きますのは、第7回(於高槻1954年)、第25回(於高槻1972年)、第38回関西支部総会(於宝塚1985年)に次いで4度目でございます。
    来年度は第60回の節目となりますので、その前夜祭のようなつもりで開催の準備をしようとあれこれと企画を考えましたが、もとより浅学菲才の吾身、名案もなく悶々としておりました。
    私ども学校法人大阪医科大学のウイリアム・メレル・ヴォーリズ設計の建物が市内ではじめての国の有形文化財に登録され、それを機会に歴史資料館を設置することになり、不肖私が修復工事と歴史資料館設置準備の役を仰せつかっております。準備の過程で、日本細菌学会関西支部総会の第1回から第4回までの抄録集を入手し、その写しをこの抄録の末尾に掲載いたしました。
    また、最近、私どもの先々代教授山中太木(ヤマナカ・モトキ)博士が編集されました『先師先哲遺影』の分与依頼が多く、残部がないためコピーをお渡ししている次第です。この冊子は第47回日本細菌学会総会記念として発行されたものですが、細菌学のみならず医学医療の歴史をまとめられたものとして貴重であるとのコメントをいただいております。そこで、第59回関西支部総会の開催を機会に、この冊子を復刻いたしましたので、お納いただけましたら幸いです。
    21世紀に入り迎えた少子高齢化による労働力不足、その中で如何に組織を集約し、効率よく微生物学研究に励むかは私たちに与えられた課題であると認識しております。先師先哲の遺影を前に、皆様の情報交換がより一層進むことを祈念いたしております。
    教室員一同、皆様の情報交換の場を提供すべく努力をいたしましたが、至らぬ点も多々あることと存じます。なにぶんにも手作りの開催であり、私どもの「恕」に免じましてお許しいただきたいと存じます。
    平成18年10月7日

  • 5月1日

    松下とも代さん、実習生として迎える

    松下さんは大学院医療技術学研究科をご卒業後、園田学園で助手として入職され、食品関係の微生物学的安全性に興味をもたれ、ご紹介もあって当教室の実習生としてお迎えすることになりました。頑張ってください。

  • 5月1日

    森田智津子先生ご退職 非常勤講師ご就任

    森田先生は中井名誉教授ご在籍中より当教室で教育研究に当たられておりました。また先生のお人柄もあり,新任教室員にラボ・ハウスルールを指導していただいたり,若手研究員のよき相談相手になっていただきました。このたびご退職されることとなりましたが,先生には引き続き非常勤講師として当教室の教育研究活動にご助力いただくことになっております。よろしくお願いいたします。

  • 4月1日

    中田裕二先生、非常勤講師として迎える

    中田先生は広島大学大学院生物圏科学研究科博士課程を終了後、農林水産省、日本学術振興会の研究員を経て、藍野大学に入職されました。前任の故横田教授との関係から、当教室で研究指導に当たっていただくことになりました。よろしくお願いいたします。

  • 3月15日

    学位取得 谷口博理先生

    谷口先生は院生として勉学に励む傍ら、関西空港検疫所にて医官と して勤務され、検疫所で分離される赤痢菌の性状を解析することで 国外の赤痢菌サーベイランスが行えるという方法論を確立し、その 成果を Epidemiology and Infection に受理されました。これが評 価されて博士(医学)を授与されました。研究の過程で得られた思 考力を存分に発揮されることを祈ります。

  • 7月27日

    Sharad Mohan君、学位取得

    英国から文部科学省assistant language teacherとして来日していたMohan君が、大学院入学後、言語の壁を越えて大学院の単位を修得し、新しい抗レトロウイルス薬の概念が正細胞内で理論どおりに作用することを証明したことが評価され、学位を授与されました。